男子学生紹介
 
入学をお考えの男性の方へ
  各化粧品メーカーのトップメイクアップアーティストには男性が多い。  
     
 
今、大学生、フリーター、転職者の中でメイクの仕事を希望している方が急増しています。 TV、舞台、ショー、シネマとさまざまなメイクの仕事がありますが、特に希望の多い のは化粧品メーカーのメイクアップアーティストです。
各化粧品メーカーのトップメイクアップアーティストは男性がほとんどです。
百貨店などの店舗配置を見ても、百貨店の顔となる1階のメインに化粧品コーナーが設置しているのは、イメージアップと売り上げが期待されているからです。
そんな注目されている職場で自分の力が発揮できると言うのは、やりがい、生きがいを見つけれる良い環境だと思います。
RMK、スティラ、ボビィブラウン、ニナリッチ、ソニアリキエル、ヘレナ、シュウウエムラなど各有名メーカーで多くの先輩達が活躍しています。TV、雑誌などでも拝見し、影ながら応援しています。そんな先輩達に続くのは、優れた才能では無く、貴方のやる気とメイクに対する情熱です。自分らしい生き方してみませんか?
 
     
男子在学生にQ&A 浅井浩二さん 大嶋祐史 河西 善貴  
 

浅井浩二さん
(27才)美容業

大嶋祐史さん
(28才)公務員

河西 善貴さん
(26才)会社員

 
 

Q
メイクアップアーティストになろうと思ったキッカケは?

A
美容師なのでヘアはできますが、メイクもできると仕事の幅が広がると思いました。

A
30才を前にして自分の人生これでいいのかなと。昔から何かのプロフェショナルになることに憧れていて、尚且つ創造的な仕事はと考えた時、メイクという結論になりました。

A
今の仕事では先が見えるので自分の力で頑張ってどこまでやれるかという思いと、身近な女性にも喜んでもらえるような男になりたいです。

   
 

Q
どうして他にも学校があるのに日本メークに入学しようと思いましたか?

A
卒業生に薦められたのもありますが、少人数制ですし、学校説明会の時、先生方の雰囲気がとてもよかったです。

A
他の学校も迷ったのですが、日曜クラスが開設していた事と体験入学での先生の対応が親切で好感が持てたのが決め手でした。

A
最初は卒業生の紹介がキッカケです。2回授業見学に来て、この学校に行きたいなぁ~と直感で決めました。

   
 

Q
入学前、女性が多いので抵抗があったと思いますが、どんな不安がありましたか?

A
逆に不安は無く、期待の方が大きかったです。

A
今の職場も女性が多い所なので、そんなに抵抗はなかったです。

A
職場に女性がいないので逆にうれしくもあり楽しいです。

   
 

Q
入学後、女性が多い中で勉強してみてよかったことは?

A
女性の顔に化粧をする事など、なかなか無い事なので、女性の空間にいれる事はすごい良いです。

A
女性ならではのきめ細かい気遣いなどを学ぶことができたと思います。

A
実際に化粧をする相手は女性が多いので、女性に慣れる訓練になりました。

   
 

Q
卒業してからの進路は?

A
メイクや特殊メイクを通じて、できる事を探し中です。

A
しばらくは、今の仕事を続けながら転職のチャンスを伺おうと思っています。

A
まだ、未定です。

   
 

Q
最後にこれから、入学を迷っている男性にアドバイスをお願いします。

A
何事も最初の一歩は不安だと思いますが、今は一日一日が大事で大切だと思っています。技術は自分の財産になります。ぜひ、一歩踏み込んでみてください。

A
いろいろ不安はあると思いますが、思いきって一歩踏み出してはどうでしょうか?意外となんとかなると思います(笑)。また、迷っているなら実際メイクをやっている人の話を聞いてみるのが手っ取り早いです。自分の場合は体験入学に行きました。

A
やりたいと思った事はどんどんやってみればいいと思います。

   
    浅井浩二さん 大嶋祐史さん 河西 善貴さん    
   
 

▲ページトップへ